街並みに配慮した、二世帯が暮らす3階建の賃貸併用住宅。東京都・世田谷区 H様邸

この実例の注目ポイント 生まれ育った街の景観を守るため、あえて塀を設けず植栽を充実。外構には多めに明かりを配し、入居者が帰宅したときにホッとできる外観に。賃貸部分と自宅のエントランスを完全に分離し、お互いのプライバシーを尊重。 物件情報 所在地 : 東京都・世田谷区 敷地面積 : 436.63㎡(約132.08坪) 商品名: LPデシオ 世帯数と間取り :【 8世帯 】■1DK × 4世帯■1K × 4世帯 太陽光発電システム搭載容量:12.06kW搭載

アパート経営のきっかけは:ご高齢のお母様をサポートするため、住宅+賃貸併用住宅を、1棟の賃貸併用住宅へ。

もともと敷地には、H様ご夫婦のご自宅、H様のお母様がお住まいの賃貸併用住宅の2棟が建っていました。お母様がご高齢になり、日常生活にサポートが必要になってきたため、2棟を取り壊して賃貸併用住宅を建て、H様ご夫婦とお母様の3人で暮らすことになったのです。

せっかく建てるのであれば、耐久性が高く、長く住み続けられる住宅にしたいと考え、鉄骨造と鉄筋コンクリート造を得意とする住宅メーカー3社を候補に絞りました。その1つがセキスイハイムだったのです。

セキスイハイムのプランニングは…:工期の短さ、品質の高さがセキスイハイムの決め手に。

3社からセキスイハイムを選ばれた第一の理由は工期です。「5月に着工すれば9月に入居できるという話でした。仮住まいの費用を考えると魅力的でした」とご主人。そして工場見学で目の当たりにされた、工程ごとの品質検査と建物の耐久性も決め手になったそうです。

工期以外にもう一つ、プランニングに対しご主人には強い希望がありました。それは、ご主人の生まれ育ってきた地域の景観に貢献したいという思い。そのため植栽や外構に強いこだわりをお持ちでした。セキスイハイムは、敷地と道路の境界に塀は設けず、膝くらいの高さのタイル張りの立上がりと植栽でゆるやかに仕切るプランをご提案。「街の美観を保つ意味でも植栽は大事です。都心は建ぺい率が優先されがちですが、少しでも緑を残すことで、街並みを美しく保ちたい」というご主人の思いに応えるプランニングとなりました。

建物のプランニングは、3階にH様ご夫婦とお母様の生活スペースを配置し、1・2階を賃貸住宅とするプランに。とくにご夫婦が気に入られたのは、ご自宅と賃貸のアプローチを完全に分離したことです。「賃貸部分のエントランスを独立させることで、入居者のプライバシーを重視できます。さらに、入居者が家に帰ったときに、多めに配置した明かりが出迎えるとほっとする気持ちになれると思います」とご主人は話されます。

賃貸部分の管理はセキスイハイム不動産に委託。当初は地域の不動産会社に任せる予定でしたが、家づくりを通じてセキスイハイムのチーム力を感じたことで、賃貸の管理もセキスイハイムの関連会社に依頼したいと考えるようになられたとのこと。「管理まで引き受けてもらったことで、安心して子供に引き継ぐことができます」とご主人は笑顔で語られました。

Photo Gallery

Life Planning Heim 暮らしに、経営にプラスの満足を生む賃貸併用住宅

事業の安定のためにも、建物の“品質”にこだわって。

H様のケースでは、仮住まいなどを考え、工期の短さにこだわられました。セキスイハイムのユニット工法なら、工場での先進作業を行いながら、建築現場で基礎工事作業を同時進行することで短工期を実現。しかも工場でのユニットづくりは、部材の品質を損なうことがなく、取り付け作業なども緻密なチェック体制のもとで行われるため、高品質を実現できます。地震などへ強さなども実証されており、長く安心して賃貸経営を行うための大切なポイントだと言えるでしょう。

ロングバリュー性能「ユニット工法」について

資料請求 様々なカタログをご用意しています。こちらからご確認ください。 セキスイハイムの土地活用相談ダイヤル全国共通 0120-438-816 (資産はハイム)各エリアの相談窓口につながります。まずはお気軽にお問い合わせください。