基本性能

耐震性能

1.ハイブリッド耐震構造

構造体は、地震のエネルギーをしなやかにかわす「粘り抵抗型」。さらに堅牢な「強度抵抗型」の外壁でユニットを覆い、複合的に地震動を吸収します。

単体でも強靭なユニットをいくつも接合し、より強く

太くて丈夫な柱と梁をボックス型に一体化してつくられるユニット。それらを上下左右に連結することで完成する構造体が、地震エネルギーを分散させ、建物をしっかり支えます。

建物が加わることで、建物全体の強度が向上

一般的な木造軸組み工法の耐力壁の約2倍以上(※)の強度を持つ高性能耐震外壁が、建物の揺れを軽減させます。

※9cm角の木材の筋交いを使用した耐力壁(壁倍率3.0)との比較。

品確法構造性能の最高等級を取得可能

・耐震等級(倒壊防止)3:
建築基準法の1.5倍の地震力で党迂回しない。
・耐震等級(損傷防止)3:
建築基準法の1.5倍の地震力で著しい損傷を生じない。
・耐風等級(倒壊防止)2:
建築基準法の1.2倍の風圧力で倒壊・崩壊・著しい損傷がない。

※仕様によっては最高等級を取得できない場合があります。

2.建物を支える基礎

建物を支える基礎も高強度

高強度のコンクリート(24N/m㎡)を採用することで、長期間に渡り大規模改修が不要に。(※)

※周辺環境により異なります。

ベタ基礎

基礎全体が一体となって荷重を支える。

ハイムの強さは実証済みです

耐震実験:様々な地震タイプの揺れでもユニット構造体に有害なダメージは無し(※)

東日本大震災の地震波も含めてさまざまなタイプの地震波を再現し、ダメージの検証を行っています。その結果、外壁やクロスにわずかに損傷が見られただけで、構造体にはまったく損傷がみられませんでした。

※阪神・淡路大震災タイプ:規模約2.5倍 計測震度相当7.20(震度)
※想定東海地震タイプ:規模等倍計測震度相当6.87(震度7)
※東日本大震災タイプ(防災科学技術研究所水戸観測点):規模1.75倍計測震度相当6.57(震度7)

落下実験:高さ5mからの落下でユニットの強さを確認

5mの高さからの落下実験の結果、歪みや亀裂などの損傷はありませんでした。強い鉄骨で精密につくられたユニット単体で、大きな衝撃に耐えうる強さを保持しています。

耐火・耐風水性能

隣家からのもらい火を防ぐ外壁

外壁が約840℃の炎に約30分間さらされても、室内は木材の発火点(260℃)を大幅に下回る80℃以下。ご入居者が避難できる時間を確保し、建物へのダメージも抑えます。

約840℃の熱にも耐える外壁構造

外壁の防火性能テスト

隣戸への延焼を防ぐ界壁

各住戸間の界壁には、12.5mm厚の石膏ボードを2枚張り合わせた壁を両面に配置。万一火災が起きても隣戸への延焼を1時間程度防ぎ、火災の被害を広がりにくくします。

1時間の準耐火性能を持つ界壁構造

火災報知器で、さらなる安心を。

暴風雨にも強さを発揮する屋根の耐風水性能

フラット屋根には強風による吹上げ、吹き下ろしの影響を受けにくい形状です。また勾配屋根についても、屋根材の上下合わせて4箇所をしっかり固定する構造で、台風などによる強風の被害を防ぎます。

まずはお問合わせください

賃貸経営に必要な情報やノウハウをご提供いたします。